2015年6月7日日曜日

網走で獲れるお魚達


ナメタガレイ

表面にヌメリがある
煮付けにすると旨い
一夜干しにしてグリルで焼いても旨い
大きい物は高値









 クロガレイ
煮付け、焼き物が旨い
新鮮なものは刺し身で食べる
身質が少しやわらかい











 マガレイ
尾の身の辺りが黄色がかっている
煮付け、塩焼き、小さいものはから揚げがオススメ

やや高級品








 宗八カレイ
縁側の辺りが半透明なのが特徴
一夜干しが一般的
独特の風味があり好みの分かれる所








イシモチガレイ
石状の鱗が表面にあり名前の由来となっている
刺し身で食べるのがおすすめ









スナガレイ
縁側部分が黄色い
塩焼き・煮魚にして食べる
小さいものはから揚げが旨い

比較的安い








サクラマス
網走では5~6月頃に穫れる
ルイベ(冷凍後に刺し身)、塩焼き、ムニエルなど

元は同じ魚だが海に下るとサクラマス
湖にとどまるとヤマメになる。








アメマス
感じで書くと「雨鱒」
体の斑点が由来と思われる

味が薄いので人気がない
ムニエルやフライなど油と合わせると美味しいらしい











オオカミウオ
脂の強い白身のため刺し身で食べるときは
2切れまでにとどめておくべき

塩焼き、フライ、ムニエル等で食用とされるが独特の臭みがある
市場での人気は低い



0 件のコメント:

Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.