2015年6月16日火曜日

私の朝食シリーズ


最近お腹がたるんできたので

プチ糖質カットダイエット始めました。


と言っても夕飯時に白飯の替わりに
豆腐を食べるだけなんですけどね。





毎日食べていると悩みの種なのが味付け

醤油ばかりではさすがに飽きがきてしまします。



というわけで今日はカニみそ(ズワイガニ)で味付です。







余っていた生ウニも一緒に乗せてみました。

彩りも良くなって大満足な一品になりました。



ちょっと贅沢な冷奴

みなさんも是非お試しあれ!!!!





2015年6月14日日曜日

網走産 タラバガニ

網走で捕れたタラバガニ(通称:本タラバガニ)が

3ハイ入荷しました!!







時期ハズレということもあって

身入りはまあまあからイマイチの間くらいです。




まあまあな1パイは1匹1.4㎏10800円(消費税別)で

イマイチな2ハイは脚のみにバラして

1肩4000~4400円(消費税別)販売しています。




この時期貴重なタラバガニを是非ご賞味下さい!

地方発送も出来ますよ!

※発送可能期間6/15まで


2015年6月7日日曜日

私の朝食シリーズ

今日のメニューは『鮭・イクラ・ウニ丼」

ちなみに材料は全て網走産です。




多くの言葉は必要ありません


「これはウマイ!」


以上






網走で獲れるお魚達


ナメタガレイ

表面にヌメリがある
煮付けにすると旨い
一夜干しにしてグリルで焼いても旨い
大きい物は高値









 クロガレイ
煮付け、焼き物が旨い
新鮮なものは刺し身で食べる
身質が少しやわらかい











 マガレイ
尾の身の辺りが黄色がかっている
煮付け、塩焼き、小さいものはから揚げがオススメ

やや高級品








 宗八カレイ
縁側の辺りが半透明なのが特徴
一夜干しが一般的
独特の風味があり好みの分かれる所








イシモチガレイ
石状の鱗が表面にあり名前の由来となっている
刺し身で食べるのがおすすめ









スナガレイ
縁側部分が黄色い
塩焼き・煮魚にして食べる
小さいものはから揚げが旨い

比較的安い








サクラマス
網走では5~6月頃に穫れる
ルイベ(冷凍後に刺し身)、塩焼き、ムニエルなど

元は同じ魚だが海に下るとサクラマス
湖にとどまるとヤマメになる。








アメマス
感じで書くと「雨鱒」
体の斑点が由来と思われる

味が薄いので人気がない
ムニエルやフライなど油と合わせると美味しいらしい











オオカミウオ
脂の強い白身のため刺し身で食べるときは
2切れまでにとどめておくべき

塩焼き、フライ、ムニエル等で食用とされるが独特の臭みがある
市場での人気は低い



2015年6月4日木曜日

私の朝食シリーズ

本日のメニューはこちら

”浜ゆでズワイガニ”


もちろん網走産です。



















日本海で捕れる「松葉ガニ」や「越前ガニ」と同じ種類です。

アチラのカニはブランド物になると

1パイ数万円するものも珍しくないそうですね。



網走産は1パイ1000~3000円程度ですから

気軽に食べられる値段ですよね。


















ズワイガニの魅力のひとつカニみそ

身とミソを混ぜ混ぜして食べたら最高に旨い!

ミソが残った甲羅に日本酒を注いだ甲羅酒は

まさに至高の味わいですよ。



網走のズワイガニ漁は毎年ゴールデンウィーク前後に始まって

6月中旬ごろに終わります。


是非一度味わってみてください。




Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.