2012年9月27日木曜日

私の朝食シリーズ

網走港岸壁での水揚げ作業
連日大漁をしている網走の秋サケ漁。
実は鮭以外のある魚も大量に水揚げされています。




網走漁協 市場でのセリ風景
その魚とはなんと『ブリ』なのです。

例年に比べて海水温が高いせいなのか、
オホーツク海では珍しいはずのブリが
毎日数トンも獲れちゃってます。




タンクにみっちりブリの群れ
全体量はこれの数倍・・・

値段が安いので市内のスーパーやお魚屋さんでも売られています。



大きいものは10kgUP!


ブリのお刺身
 ということで我が家のメニューもブリに決定です。



角度を変えて
 ブリは1~2日寝かせたほうが美味しくなると知っているのに我慢できずに初日食い。

でもウマイ!

水温が高いとはいえここはオホーツク海、
冷たい水のおかげで身が締まりに締まって身の弾力がスゴイ!!
噛むと本当にプリッってなるんです


脂が載り過ぎてないから逆にクドくない。
だからついついたくさん食べられちゃう、そこがまた嬉しい~。







ブリカマの塩焼き
翌朝も当たり前のようにブリです。

軽く塩をしてグリルで焼き上げ。

さすがカマには脂がのっていて噛むほどにジューシー!!

今朝もご馳走様でした~~~!




ブリの身はあと半身分残っていますが今夜はどうやって食べようか・・・


2日目の旨みが増したお刺身か?でも照り焼きもいいなあ。


などと現在思案中なのです。



2012年9月26日水曜日

【絶好調】秋サケ漁が最盛期!!

海水温が高く出だしはいまひとつだった網走の秋サケ漁ですが、
先週末頃から一気に水揚げ量がアップしました!

 
巨大なタモで船から豪快にすくって…






選別台の上で選別、A品・B品・銀毛などのランクに振り分けられます。





最高品質の銀毛は一日に数十本程度しか揚がりません。





これはA品、魚体が大きく表面が比較的キレイな鮭です。





調理例

網走産のサケはとにかくうまい!!
塩焼き、フライ、ルイベなどなど秋の味覚を存分に味わいましょう!!!

ところで・・・
『身がカンタンに”裂ける”から”サケ”と名がついた』
っていつかのテレビでやっていました。     未だに信じられませんが。


ホッケの方が裂けやすいと思うんだけどなぁ・・・


Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.