2012年3月20日火曜日

GO!能代丸!


冬の間流氷から逃れるために陸に保管していた漁船を海に戻す作業『下架』
一般的には”船おろし”と呼ばれ春の風物詩となっています。





スロープ上の台車に載せられた船をゆっくりと海に入れます。







無事着水!











水面は薄氷が張っていて、先に降りた船の跡が残っています。





次の船を下ろすために台車のみ水中から陸に戻っていきます。




薄氷といってもデリケートな船体にとってはダメージを与えかねない存在。
慎重に船を動かします。

0 件のコメント:

Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.