2012年3月27日火曜日

今年の流氷は息が長いぜ!

3月19日(月)
去年、一昨年ならすでに流氷は見えなくなっていました。




3月25日(日)




3月26日(月)




3月27日(火)
だいぶ薄くなって来ました。
流氷砕氷船の『おーろら号』では午前中の便までは流氷が見られたそうです。

2008年は4月の半ばまで流氷が残っていました。今年はいつまで見られるかな。

2012年3月25日日曜日

私の朝食シリーズ

知人に好評、妻には不評の「私の朝食シリーズ」


いつもは海産物ばかりですが今回は珍しく麺類にしてみました。

ズバリ、本日のメニューは『きつねうどん』でございます。






ごく普通のうどんに甘辛~く煮詰めた油揚げが良く合います。

野菜は控えめに、あくまでも主役は麺なのです。

ダシを一口すすったら、一気にうどんをかきこんで・・・・・・・・・って






えっ?


うどんの横に写っているのは何かですって?



ま、大したものではありませんが









本日の副菜『鮭の刺身 玉ねぎ添え』でございます。


網走の漁師なら自宅のフリーザーの中に大概入っているもので、どこにでもあるごくごく普通の食べ物です。


秋口に獲れた生の鮭を三枚におろして皮を引き、腹骨を削ぎ落したら、半身を三等分に切り分けて冷凍庫で保管します。保管の際は真空パックにするかピッチリとラップでくるみましょう。


食べる時は一時間ほど前に室温で解凍して、半解凍の状態の時にスライスします。

凍ったままの状態で食べるのがいわゆる「ルイベ」ってやつで、シャクシャクとした食感と口の中で徐々に溶けていくのを楽しむ食べ方になります。







私は身の柔らかさと、脂の味をダイレクトに味わいたい派なので、いつもしっかり溶かしてから食べています。

刺身に玉ねぎをくるんでわさび醤油をちょっとつけて口に放り込みます。

ねっとりと官能的に舌に絡まる鮭の向こうでピリッとした辛味で存在感を示す玉ねぎとのバランスが最高です。

口の中でシャク、ムニ、シャク、ムニとした感触を楽しみながらゴクンと飲み込む頃には、無意識にお箸が次の鮭を玉ねぎごと鷲掴みにしています。


大したものでなくて本当に申し訳ないのですが、ウマイことだけは間違いありません。







あ、そう言えばこの鮭、ただの鮭じゃありませんでした。

普通の鮭一万本の中に一本獲れるか獲れないかくらいの超貴重品、”鮭児(けいじ)”だったのを今思い出しました。

一本数万円の値段がつくことも珍しくないという幻の鮭を、誕生日でもない普通の日に食べちゃいました。しかもきつねうどんと一緒に。

ま、美味しかったからヨシとしましょう。



それでは今日も ごちそうさまでした!!





2012年3月20日火曜日

GO!能代丸!


冬の間流氷から逃れるために陸に保管していた漁船を海に戻す作業『下架』
一般的には”船おろし”と呼ばれ春の風物詩となっています。





スロープ上の台車に載せられた船をゆっくりと海に入れます。







無事着水!











水面は薄氷が張っていて、先に降りた船の跡が残っています。





次の船を下ろすために台車のみ水中から陸に戻っていきます。




薄氷といってもデリケートな船体にとってはダメージを与えかねない存在。
慎重に船を動かします。

渡辺漁業 出漁準備中!!


海明け(流氷がいなくなること)を間近に控え、初出漁に向けて渡辺漁業では現在急ピッチで準備作業が進められています。




毛ガニ漁で使うエサの準備。

冷凍した生のイカを適当なサイズに切り分けます。
信じられないでしょうが手前でイカを切っている金髪ロングはウチの船に乗っている本物の漁師です(笑)




エサを切っているすぐ横でおこぼれを狙うカモメ達。



この日の午後、急に雪が降って来ました。

春まではもう少し時間が掛かりそうです。

2012年3月9日金曜日

タラバガニの脱皮シーン

昨日何気なく店内の水槽をのぞき込んでみると、1パイのタラバガニが今まさに脱皮しようとしているではありませんか。

急いでカメラを回し始めました。その一部始終をご覧ください。




どうですか、動きが遅くて歯がゆいでしょ。

私も撮影しながら何度水に手を突っ込んで一気に剥がしてしまいたい衝動に駆られたことか。

でもまあ無事に脱皮できて何よりです。

中には上手く脱ぐことが出来ず脱皮の途中で生き絶えてしまう個体もいますから、カニにとって脱皮という行為は命がけなのかも知れません。




脱皮後の抜け殻


ものの見事に空っぽです。


2012年3月8日木曜日

網走流氷情報 H24 02.24~03.08


2月24日(金)




2月27日(月)





3月4日(日)







3月8日(木)

今日は一面真っ白!! 網走にこれだけたくさんの流氷が寄ったのは今シーズン初ではないでしょうか!


流氷砕氷船のおーろら号に乗れば、流氷を割り進んでいく迫力満点の風景が見られることでしょう。

未体験の方はこの機会に是非!流氷を見に網走へ来て見ませんか?

2012年3月6日火曜日

私の朝食シリーズ

先日見たTVで”全国のご飯のおとも”をテーマにした番組を放送していました。

ご当地の食材をその土地ならではの方法で味付けしたり熟成させたりと非常に興味深い内容でした。


私にとってのご飯のおともナンバーワンと言えばコレ。

『イクラの醤油漬け』です。



「今日のお昼ごはんはこれで決まり!!」

もこみち君が言いそうなセリフを一人でつぶやきながら、豪快にイクラをてんこ盛り。

ただしオリーブオイルはかけませんよ(笑)





ひと噛みするとプチッとイクラが口の中で弾けます。

イクラからこぼれだした濃厚な液が口内のご飯と混ざり合い、イクラのコク、醤油の香り、ご飯の甘味が絶妙なハーモニーとなって舌の上で踊りだすのです。

イクラと醤油の組み合わせは最強と言っていいでしょう。最初に考えついたひとは間違いなく天才です。


そう言えば、醤油が無い外国ではどうやってイクラを食べているんでしょうね。

塩味なのかな。どっちにしても醤油漬けは味わったことが無いでしょうから人生の3分の1は損をしていると言っても過言ではないでしょう。





これはある日のおやつ。

刺身でも食べられるホタテの生貝柱を罰当たりにも炭火で焼いちゃいました。

何の味付もしていないのに最高のお味でしたよ。

ちょっと焼き過ぎちゃったかなと思ったんですけど、外はカリカリ、中はふっくらとして丁度いい加減でした。


という訳で本日も ごちそうさまでした!!

Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.