2011年10月19日水曜日

40年ぶりの灯火

先日の夕方6時頃、水平線上に見慣れない光の群れを見つけました。

遊漁船にしては明るすぎるし、一体何だろうと思っていると・・・




翌日の岸壁を見て謎が解けました。

あの光の正体は「イカ釣り漁船」だったのです。




イカ釣り漁船の証し。

これらのイカ釣り漁船は主に函館地方からわざわざ来ているみたいです。



大量の電球。

人間の頭くらいもあるほどの大型です。

こりゃあ明るいはずだわ。



当然市場はイカ一色!




ここにあるだけでも数千箱!!

実際にはもっと沢山獲れました。




競り落とされたイカはすぐにトラックに積まれて地元の水産会社や

函館方面の加工場に運ばれて行きました。

網走でこれ程イカが獲れるのは滅多に無いことで、実に40年ぶりなんだとか。

海の恵みに感謝。


0 件のコメント:

Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.