2011年6月25日土曜日

網走漁港の岸壁で

ある日のこと、港の岸壁付近でクレーンに吊られた謎の物体を発見しました。

ゴルフの打ちっぱなし? 

建設中のバッティングセンター?

巨大な蚊帳にもみえますねぇ。

よく見るとロープには点々と浮き球が付いているではありませんか。

そうですこれは鮭を捉えるための仕掛け『鮭定置網』だったのです。

秋の漁に備えて初夏の今からせっせと網を組み立てているところだったのです。



鮭定置網は鮭が一度迷いこむと出られなくなるように複雑な

迷路のような立体構造をしています。

なのでこうして吊り下げて全体の形を確認しながら組み立て作業をするのです。


漁師といえば海の上で働いているイメージが強いのですが、

実際には陸(オカ)で働いている時間が相当長いのです。

網入れをする秋頃には全員真っ黒に日焼けしていることでしょう。

皆さん頑張ってくださいね~ 


ちなみに昨年の鮭の水揚げは網走が日本一でした

どうか今年も大漁でありますように!!

0 件のコメント:

Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.