2010年9月29日水曜日

私の朝食シリーズ

こんにちは、網走の㈲カネ活渡辺水産 代表の渡辺です。
最近めっきり涼しくなりました。1ヵ月前まではエアコン無しではいられなかった程なのに、今じゃすっかり秋模様の網走です。




そして秋が旬の魚と言えばやっぱり「サケ」!!

浜では別名の『アキアジ』で呼ばれることが多いこのサケ、名前の通り今が漁の最盛期です。
多い日には一日で800㌧(!?)も獲れたりします。

ちなみにアジの仲間ではありません。



で、サケにつき物なのがこのイクラ!!ですね。

生のサケから取り出した新鮮な生スジコを自分でほぐした後、秘密の醤油ダレに漬けました。


白いご飯の上にのせれば他には何もいりません。無心で口にかっ込むだけです!

イクラってどうしてこんなに美味しいんでしょうね。
子供の頃はイクラご飯だけで茶碗三杯は軽くイってましたね。

そんな私も来年は40歳、いろいろな数値とお腹まわりが若干気になるお年頃。今日のところは1杯半でごちそうさまとなりました。


でも、明日の朝も食べます。

2010年9月17日金曜日

黒いダイヤ

今朝方、朝のセリが終わってふと岸壁に目をやると、先日にっぽん丸が停泊していたところに変わった形の船が停まっていました。

タンカーのような形なんだけどタンカーには無いはずの大型クレーンが4基も付いています。



アップにしてみて判りました。あの黒い粒は「石炭」に間違いありません。



今時なぜ石炭が?との疑問が沸いたのでちょっと調べてみました。
するとお砂糖と関係があることがわかりました。

網走周辺では間もなくビートの収穫が行われます。収穫されたビートは製糖工場へ運ばれてお砂糖になるのですが、精製に使うボイラーの燃料がこの石炭なのです。

製糖工場はピーク時には24時間体制で稼動するそうですから、使用する石炭の量もきっと膨大なんでしょうね。


石炭の山。これと同じ山が他にもたくさん・・・  何かの拍子に引火したり・・・ なんてあるわけないか。

石炭って前時代のエネルギーだとばっかり思ってましたが、どっこい今でもバリバリ活躍してるんですね。それにしても真っ黒の石炭が真っ白のお砂糖に欠かせないなんてなんか面白いですよね。

2010年9月13日月曜日

いつかは乗ってみたい!!

今日は網走港に豪華客船「にっぽん丸」が入港しました。


2010年に大改装が行われて 総トン数が21,903トンから 22,472トンに、客室数は184室から202室になるなど 大幅にグレードアップしたそうです。

乗客の方々はここでバスに乗り換えて網走市内を観光して15:30には網走港を出航するそうです。


今年はにっぽん丸以外にも8/23には「ぱしふぃっくびぃなす」(総トン数26,518トン)や


7/27には日本籍では最大の客船「飛鳥Ⅱ」(総トン数50,142トン)も網走港に入港しました。

港に豪華客船が停泊しているだけで網走自体も豪華になったような気がするのは私だけでしょうか。

いつになるかは解りませんが、いつか私も豪華客船の乗客になってみたいものです。

2010年9月3日金曜日

今月はタラバガニが安いよ!!

皆さんこんにちは。9月になってもまだまだ暑いですね。

お盆を過ぎると長袖に衣替えするのが当たり前の網走でも今年に限っては未だに半袖、寝苦しい夜を過ごしています。



この暑さの中、食欲が落ちておませんか? 暑いからと言って素麺ばかり食べていたらどんなに丈夫な人でも病気になっちゃいますよ。

そんな方にオススメなのがこの『浜ゆでタラバガニ足』です。
カニは冬の食べ物だと思ったら大間違い!!  網走では9月から11月にかけてがタラバガニの旬なのです。



浜ゆでタラバガニ足はそのほとんどがカニの筋肉部分なので良質のタンパク質と言えます。
その上低脂肪ときてますからまさにこの季節の弱った体にピッタリ!!

昼前にセリにかかった捕れたてを当店の大釜ですぐにボイル、業務用のチルド室で冷ましたらそのまま出荷します。

味にこだわる漁師の店なので当然冷凍ではありません。


さらに9月到着分に関してはグ~ンとお買い得に設定しました。

浜ゆでタラバガニ足は通常700g入りで4200円ですが、9月到着分に限り 700g 2800円!!!

今が旬のおいしいタラバガニで夏バテなんてふっ飛ばしちゃってください!!

浜ゆでタラバガニ足のお取り寄せはコチラからどうぞ!!
Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.