2010年2月28日日曜日

流氷情報

2月28日(日)


2010年2月27日土曜日

流氷の天使

今朝方、知り合いの方からこんなステキなものをいただいちゃいました!!




”流氷の天使”クリオネ   の瓶詰め



透明な体にきれいな赤。天使と呼ぶにふさわしいですな。
3日1回程度海水を入れ替えることと、低温を保つことが大事だよと教わりました。




餌を捕食する際は頭部から6本の触手で鷲づかみすることはあまりにも有名。
そんな、天使が悪魔に変わる瞬間を是非目の当たりにして見たいものです。


流氷ノロッコ号

のんびりオホーツク海を眺めながらゆっくりと進んでいく列車。それが『流氷ノロッコ号』です。

釧網線(せんもうせん)の知床斜里駅と網走駅の間を1日2往復している流氷ノロッコ号。

運転期間は2010年の場合、1月30日~3月7日までとなっております。

車内ではスルメやジャガイモなどが販売されていて、各車両に設置された石炭式のダルマストーブの上で焼いて食べることができます。

展望車は窓がとても大きく作ってあるので眺めは抜群です。

寒さを体感しつつ熱々のジャガイモをほお張りながら、流れていくオホーツク海の景色を眺める。
運がよければ気まぐれな流氷に出会えるかもしれませんよ。



流氷ノロッコ号運転案内ページ:http://www.jrkushiro.jp/ryuhyou10/ryuhyou10.html

流氷情報

2月27日(土)


流氷情報

2月26日(金)



大きな一つのかたまりだった流氷が三つに分断されてしまいました。
今日の気温もプラス・・・ 
もう戻ってこないのか、だとしたら早い早すぎるぞ今年の流氷は。
もっと根性出してしがみつけ!!

流氷情報

2月25日(木)



雲のため一部しか見えない状態ですが、それでも流氷が昨日よりも小さくなったのは判ります。

流氷情報

2月24日(水)

昨日のポカポカ陽気の影響でしょうか、流氷がオホーツク海沿岸から離れてしまいました。
まさかこのまま終わってしまうのか・・・

2010年2月23日火曜日

流氷情報

2月23日(火)

今日はポカポカ陽気。
海岸付近には白鳥の姿も見えます。


流氷の砕け氷が海岸近くに漂っています。

流氷情報

2月22日(月)

水平線のちょっと下に白い帯状に流氷が見えます。
昨日の強風が流氷を押し戻してくれたんでしょう、きっと。

流氷情報

2月21日(日)

陸からは流氷が見えませんが、今日はとてつもない大シケです。
北風もかなり強烈に吹いているので、この風に押されて流氷が戻ってくるかもしれません。

2010年2月20日土曜日

流氷情報

2月20日(土)


流氷情報

2月19日(金)


流氷情報

2月18日(木)


流氷情報

2月17日(水)

流氷情報

2月16日(火)

2010年2月15日月曜日

海の珍道具集

さて今回の道具はコチラ。直接海に関係しているというわけではありませんが、私の周りの人間には所有率が結構高い物なので海の男の標準装備かなということで取り上げてみました。

電流計のようなメーターがひとつにダイヤルがひとつ。長くて太いコードが2本延びその先には洗濯ばさみのお化けのようなものがつながっている。
さて、この道具はいったい何に使うものでしょう。バッテリーの充電器ではありませんよ。

シンキングタイムは2秒間です。







終了!!!!!!!!

それでは正解の発表です。

正解は「小型電気解氷機」ヒートマンでした。
まあ、大多数の人が『何じゃそれ』ですよね。ごめんなさいでした。

これは、凍ってしまった水道管の水を溶かす為の機械なのです。

真冬になると最低気温がマイナス10度以下になることはしょっちゅうです。
そんな時は水道管の水は元栓で落とすのが北国の常識なのですが、それでも水道管の中に微妙に残った水が凍ってしまう事もあるのです。

朝、お店に来て元栓を開けても水が出ない! そんな時に活躍するのがこのヒートマンなのです。


このように凍った水道管をクリップで挟んでスイッチを入れるだけ。


2つのクリップで挟んだ間に電気が流れて徐々に温まっていくのです。

以前は水道管が凍るたびに業者を呼んでいましたが、寒い朝はあちこちで水道管が凍ってしまうので業者も大忙し、すぐには来てくれません。
店がなかなか開けられず困ったこともありましたが、このヒートマンのおかげですぐに営業再開できるようになりました。

流氷情報

2月15日(月)

流氷情報

2月14日(日)


2010年2月13日土曜日

流氷情報

2月13日(土)

水平線に見える白い筋は間違いなく流氷です。
(有)カネ活渡辺水産から車で1分のところでやっている「流氷ヘリコプター」ならもっと良く見えるんでしょうね。今日はひっきりなしに飛んでましたから。
上から見る流氷っていうのはなかなか体験できませんよ。

流氷情報

2月12日(金)


2010年2月11日木曜日

流氷情報

2月11日(木)


流氷情報

2月10日(水)

2010年2月9日火曜日

流氷情報

2月9日(火)
待っていた流氷が昨日やっと接岸してくれてひと安心しました。
流氷のサイズも少し大きくなってきたみたいです。

それにしても今日は随分とあったかいなぁ。
昨日までの寒さがうそみたいなポカポカ陽気で吹いてくる風が心地よく感じられます。
真冬とは思えない南風だな・・・ 南風!?まさか



うわ~!! りゅ、流氷が~!!

気温で溶けたのではありません。風に押されて流れてしまったのです。
はぁ~せっかく接岸したと思ったのに~。
上の写真が午前10時ごろで下のが午後2時ごろだから、ほんの4時間でこの通りです。

まあ、この時期の流氷にはよくあること。一晩たったら一面流氷でビッシリなんてのはよくある話です。
ほんと、空に浮かぶ雲のように気まぐれなやつです。

2010年2月8日月曜日

流氷情報

2月8日(月)

待望の流氷がやっと接岸しました!!
気象台も「流氷接岸初日」を正式に発表しました。


波と一緒に揺らぐほど流氷のサイズはまだまだ小振りです。
今後は徐々に大きなサイズの流氷が接岸することでしょう。

2010年2月7日日曜日

ご来店の時は

2月にはいって急に寒くなってきました。
(有)カネ活渡辺水産の店内も相当な寒さに見舞われております。

透明なはずの窓ガラスは凍り付いて曇りガラスのようになり


茹で上がったカニの重量を計るための作業台の上に水を流して15分たつと


薄く氷が張っているぐらい寒いのです。


来店されるお客様へ。
コート着用のうえご来店下さい。
手袋もお忘れなく。

よろしくお願いいたします。
Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.