2009年8月31日月曜日

小清水原生花園

休日を利用して息子と一緒に『小清水原生花園』に行ってきました。
小清水原生花園とは 網走市の隣町、小清水町にある原生花園で
砂丘状の地形にハマナスやヒルガオなどの野花が原生しています。
北海道遺産にも指定されています。


(有)カネ活渡辺水産から知床方面へ車で10分程で着きます。
遊歩道の展望台から見ると右手にオホーツク海を、左手にトウフツ湖を一望できます。


ハマナスの花です。他に青紫色のムシャリンドウやアサガオにそっくりの
ハマヒルガオなどが咲いていました。

自生した植物ばかりなのでお花畑のような華やかさとは無縁ですが
砂地や潮風などの悪条件の中で懸命に花を咲かせている姿を見ると
自然の力強さを感じさせられます。


これはハマナスの実です。息子がミニトマトと間違えていました。


砂浜の近くにはいまどき珍しい手動式の井戸がありました。
海に近いためでしょうか飲用不可となっていました。

私が子供の時にこの手の手漕ぎポンプが近所の家にありました。
勝手にいじってよく怒られたものです。


原生花園には駅もあります。
短いプラットホームと小さな小屋だけのシンプルな駅です。


ここの踏み切りには昔から遮断機というものがありません。
列車が近づくと自動でスピーカーから警告音とアナウンスが流れる仕組みです。

時期としては6~8月が見ごろです。派手さはありませんが知床へ行く途中に
一息入れるポイントとしてはオススメです。

0 件のコメント:

Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.