2009年5月19日火曜日

私の朝食シリーズ

春の陽気に誘われてついついぼーっとしがちなこの季節。
気がつけばブログの更新が5月6日から約2週間も止まっておりました。
大変申し訳ございません。全て私の不徳のいたすところでございます。



さて話は変わりまして、私今日の午前中は一本物の鮭の山漬けを切り身にするという仕事をしておりました。
近頃は鮭を一本まるごとお買い上げになる方はめっきりと減りまして、代わりに売れているのが 切り身になった鮭なんですね。
わざわざ切る手間もありませんし、食べきりサイズの方がかえって無駄になりませんからね。


まあ、そんなこんなで一通りの作業を終えたところで目に付いたのがコレ。
鮭の中骨です。売り物にはならないけど、捨ててしまうのはもったいない。 
で、焼いちゃいました。


焼き網の上でジリジリと焼けていく鮭の中骨。
しばらくすると店の中には鮭の焼けた香ばしい香りが漂ってきました。

この匂いに誘われてやってきたウチの従業員に何個か取られてしまいましたが
一番美味しそうなところは何とか死守しましたよ。


さあ、焼きあがりました。あとはお楽しみの実食タイムです。

偶然にもお昼ご飯の時間と重なったので(最初からそのつもりでしたが)
お弁当と一緒に食べることにしました。
中骨から程よく焼けた鮭の身を手でむしりとって白いご飯の上にのせて軽くほぐしてっと。ほぐし方が荒いなんてちっちゃい事は気にしちゃダメですよ。

そして念願の一口。いや~やっぱうまいわ~。白いご飯と塩鮭の相性って黒パンにのせたキャビアと同じくらい最高の組み合わせですね。
ま、キャビアなんて食べたことないんですけどね。

今日のランチはいつもよりハイテンションで終了しました。
ま、鮭をひとつ加えてだけで幸せな気分になっている私ってホントお金の掛からないオトコです。


中骨はもうありませんが切り身なら

0 件のコメント:

Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.