2009年2月28日土曜日

美味しさNo.1


北海道のカニといえば「毛ガニ」がまず思い浮かぶと思います。
2月現在は太平洋の日高方面で獲れていますし、3月の中旬ごろからは
オホーツク海でも漁が始まります。(網走は4月頭ごろから8月中旬まで)


身の味の複雑さ、カニミソのコク深さどれをとっても最上級だと私は思います。



カニミソは指ですくうのが正しい食べ方なのです。

誰ですか、毛ガニは食べるのが面倒で・・・なんて言っているのは。
そんなあなたにはこの『毛がにの食べ方』をお勧めします。


流氷情報 09.02.28


平成21年2月28日(土)


昨日と比べて確実に小さくなっていっています。
このまま消え去ってしまうのか、それともまた戻ってくるのか、それは海のみぞ知る。

<追記>
今日、流氷砕氷船「おーろら」に乗船された後、当店に来店されたお客様のお話では
流氷の中を船が割って進むという、今までに無い感動を体験することができたと
大変ご満足されたそうです。

2009年2月27日金曜日

流氷情報 09.02.27


平成21年2月27日(金)
今日の予想最高気温はプラスの3度。こんなに温かかったら流氷も溶けるっちゅうねん!!
やっぱり今年は暖冬なんですね。


今日もウニ漁お疲れ様です。


2009年2月26日木曜日

流氷情報 09.02.26


平成21年2月26日(木)
いつものアングルでは流氷の姿が見えなくなりました。


角度を変えると取り残された流氷があります。


浜の上に残された流氷たち


こ~んなにでっかいのもあります。


流氷の合間をぬって行われているのはウニ漁です。
この時期、海で働いている唯一の漁師さんです。

2009年2月25日水曜日

流氷情報 09.02.25


平成21年2月25日(水)
水平線上の流氷が見えなくなってしまいましたね。
今日は南風が吹いていて暖かいからなあ。
明日からは少し冷え込むみたいだからきっと戻ってきてくれるとは思います。

流氷情報 09.02.24


平成21年2月24日(火)

2009年2月23日月曜日

流氷情報 09.02.23


平成21年2月23日(月)
う~ん、目に鮮やかな空の青と、まばらな流氷の白。きれいですね~。

この流氷の浮かんだオホーツク海をイメージしたカレーを作っちゃった人がいます。
網走のお隣、北見市にある「クリシュナ」というお店で、インド人の方が開発しました。
http://denshobato.com/tokusengai/index.php/shopdetile/id___94/
どんな味がするんでしょうね。とにかく一度食べてみた~い!!


コレがもし全部カレーだったら・・・

2009年2月22日日曜日

流氷情報 09.02.22


平成21年2月22日(日)
大変な冬の嵐が過ぎ去った後、そこに残されたのは大量の雪とそして流氷でした。


どこまでも続く流氷原。対岸に見える山々は知床連峰です。


2009年2月21日土曜日

流氷情報 09.02.21


平成21年2月21日(土)
今日のオホーツク海は大荒れです。
現在 暴風雪・波浪警報  大雪・なだれ・高潮・着氷注意報 が発令中です。
飛行機も道路もJRまでもがストップしているようです。
なので流氷の様子はまったく判りません。


裏の倉庫の扉を開けるとこの状態です。30センチは積もっています。
今年は雪が少ないと思ったらコレです。
軽い災害レベルに達しているので今日はお昼で店を閉めます。
心配なのは家まで帰れるかどうかですね・・・

2009年2月20日金曜日

私の朝食シリーズ 30

小学生の息子は今、学校で足し算と引き算を習っています。

今日のメニューはなんの変哲もない「チャーハン」です。
ここに足し算を応用するとこうなる、というのが今日のお題(?)です。


      チャーハン
         +






          カニ
          =







      カニチャーハン!!

さっそく息子にこの足し算を教えると「違う」と言われてしまいました。
本物のカニチャーハンはほぐしたカニ身をご飯と一緒に痛めなきゃね・・・失礼しました。

流氷情報 09.02.20


平成21年2月20日(金)

あらら、流氷が減ってしまいましたね。浜に打ち上げられた氷を残して
大半は沖に引いてしまったようです。

とはいえ、水平線上に見えているのでほんの数キロ程度移動しただけでしょう。
これぐらいなら一晩で戻ってくる距離ですから心配はいりませんよ。


こちらは別アングルです。細かい流氷が岸壁に打ち付けられています。

海水がまるでシャーベットのような状態なので、波がいつもよりもモッタリした感じです。
食べ終わるころのかき氷のような状態といえば判りやすいでしょうか。
波の音もいつものバシャーンではなく、シャラーンと聞こえます。


2009年2月19日木曜日

流氷情報 09.02.19


平成21年2月19日(木)

網走地方気象台が本日「流氷接岸初日」を発表しました。
平年と比べて18日、昨年と比べると24日も遅い接岸初日となりました。
観測史上2番目に遅いそうです。ちなみに1番遅かったのは1991年の2月21日。

危うくワースト記録になりそうだったとは知りませんでした。
今年はずいぶんと待たされましたからね~。
それだけに久しぶりの流氷の姿が愛おしく思えますよ。

何日間留まってくれるかは判らないけど、できるだけゆっくりしていって欲しいものです。



江差や紋別にも再接岸したようですね。北方領土にも接岸してますね。

2009年2月18日水曜日

流氷情報 09.02.18

ついに、網走にも流氷が キターーーーッ


平成21年2月18日(水)

ご覧ください、眼前に広がる流氷を!!
いやあ、ついにきましたねぇ。


私の見た限り、接岸したのは網走市の中でも鱒浦から藻琴、北浜方面のみ。
この地域は網走の中でも東側に位置しており、知床に近い位置にあたります。
通常の北側から近づいてきたのではなく、知床のある東側から流れてきたのではないでしょうか。
今後は本体のある北側からも接岸してくれるといいですね。


流氷情報 09.02.17


平成21年2月17日(火)

知床には流氷がありそうなので、休日を利用して斜里町ウトロまで行ってきました。



うお~やっぱり知床には流氷が来ていました~!!
いつものアングルに似ていますが、間違いなく知床(ウトロ)です。


港の中にも流氷が入り込んでいました。
この氷の形は通称「はすの葉氷」と呼ばれています。


港内にはなぜか1隻だけ漁船の姿が。

2009年2月16日月曜日

流氷情報 09.02.16


平成21年2月16日(月)
穏やか~な波を見ていると、気持ちまでおだやか~になってきます。
これが2月中旬の海ということを忘れてしまいそうです。

流氷さえあれば忘れなくて済むんですけどね!!

2009年2月15日日曜日

流氷情報 09.02.15


平成21年2月15日(日)
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


むむむ!! レーダーで確認することもできないとは。
今年の冬は、いろいろ障害が多いなあ。

2009年2月14日土曜日

流氷情報 09.02.14


平成21年2月14日(土)
せっかくのバレンタインデーですが、私の手元にはチョコレートも
流氷という名のプレゼントもありません。

るー るー るるるー  るー るー るるるー    
今日の最高気温はプラスの3度なのに 私の心は芯まで凍っているかのようです・・・

あれ?密度は薄そうですが網走付近に接岸しているようですね。
これは明日が楽しみです。

2009年2月13日金曜日

流氷情報 09.02.13


平成21年2月13日(金)
♪明日は特別スペシャルDAY~ なんて曲がラジオから聞こえる今日この頃。
網走の海は特別でもスペシャルでもない、いつも通りの風景がそこにあるだけです。
そんなタメ息交じりの13日の金曜日・・・


2009年2月12日木曜日

あったか網走


先日の休みの日に息子と二人で「あったか網走」に行ってきました。
正式名は「北の新大陸発見!あったか網走」といいまして、結氷した網走湖の上で
冬ならではの遊びが楽しめる体験型イベントなのです。


湖面の上ではスノーモービルが乗れたり、バナナボートやスノーダッキーが楽しめます。
夜はライトアップされたり熱気球にも乗れちゃうみたいです。
ちなみに画面上のほとんどは春になると全部水になります。


こちらは陸上部分。夏はキャンプ場として多くのテントが張られる場所です。
ここでは四輪バギーに乗れちゃいます。(小学三年生以上)


馬ソリもあります。


息子のお気に入りがこの雪と氷でできた滑り台です。
このスピード感を下の動画でお楽しみください。

平然と乗っている息子とは反対に弱気な発言が多い私です・・・


日が暮れるまで遊んできました。楽しかったー。



最後に変な顔した雪像です。中に電球が仕込まれていましたから夜になると
内側からライトアップされるみたいです。ナイスなセンスです。

子供だけでなく大人も楽しめるおすすめのイベントです。
詳しくはコチラのHPをご覧ください。
http://www.abashiri.jp/tabinavi/guide/10events/attaka.html
http://aba.tanc.jp/topics/attaka05.htm
http://www.dotown.jp/contents/snow/attakaabashiri/index.html
Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.