2008年6月29日日曜日

カネ活直伝「毛がにの食べ方」

「毛蟹は美味しいんだけど、殻をむくのが面倒で・・・」という声をよく聞きます。

漁師の店 カネ活渡辺水産はそんなあなたのお声にお応えして、毛がにの簡単なむき方を動画で公開しちゃいます。

キッチンバサミ一本であっという間にできあがり!! もう面倒だなんて言わせません。
さあ、これを見ればあなたも毛蟹むきの達人になれますよ!!




毛蟹のページへ

カネ活渡辺水産がTVに映ります

(有)カネ活渡辺水産がTVで取り上げていただけることになりました。ヤッホー♪
番組名はSTV(札幌テレビ)の「どさんこワイド180」、北海道内向けの情報番組で北海道民なら誰もが知っているってぐらい有名な番組なんですよ。

全国放送のハプニング番組で、お料理コーナーでの失敗が取り上げられることがよくあるので、ご存知の方もいるかも知れませんね。


番組マスコットの『どさんこくん』


カネ活渡辺水産の店内を撮影中のスタッフさん達
(こうして見るとウチの店って暗いなぁ)

網走のご当地名物を紹介するコーナーとのことで、今が旬の「アブラガニ」や幻のカニと呼ばれる「イバラガニ」、そしてカニの王様「タラバガニ」を撮影してもらいました。


リポーターの あまやひでおき さんとツーショット!!
(同じポーズで写ればよかった・・・失敗)

テレビカメラの前でしゃべったり、網走名物のカニチョッ筋体操をみんなで踊ったり、緊張と恥ずかしさの連続でしたが、もし良かったら皆さんもご覧下さい。放送日は7月3日です。

※ちなみに「どさんこワイド」は北海道ローカル放送です。



2008年6月18日水曜日

網走お魚図鑑

今日は市場にちょっと珍しい魚が並んでいました。
市場でお目にかかるのは私も初めてというお魚。
その名も「イトウ」 ”幻の魚”という言葉が頭に付く時もあります。



海水と淡水の混じる汽水湖に棲んでいる魚で、この個体も汽水湖の涛沸(とうふつ)湖で獲れました。


サケ科に属する魚だし、幻の魚というくらいだからさぞかし美味しいと思い漁協の超ベテラン職員に尋ねてみると「う~ん・・・」とのことでした。
希少なことと美味しいこととは比例する訳では無さそうです。
それでも一度は食べてみたいもんですよね。いつかは。

私の朝食シリーズ 15

今朝の私の朝食はコレ。「氷下魚の一夜干し」で~す。
氷下魚と書いてコマイと読みます。居酒屋のメニューでもお馴染みの魚ですね。

このコマイの一夜干し、網走産であるのは当然ですが実は私のお手製なんです。
ま、漁師の店なのでコレぐらいは当たり前って感じですか。ハハハ。

手順としては、生のコマイの頭を落とし、内臓を抜いて、塩水に漬けた後干す。
これだけなので簡単そうですが、塩加減や干し具合が意外と難しいんですよ。

(実は最初の分は失敗して、2回目にやっと成功しました。当たり前なんて言ってごめんなさい…)

食べてみると我ながら良い出来でした。(2回目だけど)
10センチぐらいの小振りなサイズなので骨まで丸ごと食べられました。カルシウムたっぷりってやつです。自分で作った干物はやっぱり格別ですね。(2回目だけど)

もう少し上達したらホームページでも販売してみたいなと思いつつも、味見と称して今日も店内のストーブの上にはコマイの姿が…

2008年6月11日水曜日

私の朝食シリーズ 14

今日の私の朝食は虎杖浜(こじょうはま)産の「甘口たらこ」でございます。

たらこがタラの卵ではなくスケソウダラの卵であることは、もう皆さんご存知のことと思いますが、網走でこのスケトウダラが大量に水揚げされていることをご存知の方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。
スケトウダラの冷凍すり身を開発し商品価値を高めたのは網走が発祥地と言われています。そんな網走ですがたらこの加工地としてはほぼ無名の状態です。
日本でたらこの加工地として最もよく知られているのが、先ほど紹介した虎杖浜なんです。


真っ白なご飯にピンク色のたらこ。う~ん食欲をそそります!!
大根おろしにのせると酒のつまみにピッタリ! 軽く焼いてお茶漬けやおにぎりの具にするのもいいですね。
みんな大好きたらこはコチラ

2008年6月9日月曜日

網走お魚図鑑

網走漁協の市場で見つけた魚を紹介する「網走お魚図鑑」。
今日の魚はこちら「タンタカ」です。
カレイ目カレイ科マツカワ属で正式名は「マツカワカレイ」といいます。

カレイの仲間としてはかなり高値な部類に入ります。しかし値段が高いだけあって味のほうもかなり旨い魚です。
オススメの料理法は刺身!! 透き通るようなキレイな白身は旨みを豊富に含んでいます。

漁獲量が極端に少なく、網走では多い時でも1日に十数匹程度しか獲れません。
ほとんどは寿司店や飲食店に卸されているようで、一般のお店で売られることはまずありません。

現在は資源回復を目指して稚魚の放流が行なわれています。

2008年6月7日土曜日

ホームページをリニューアルしました!!

平成20年6月6日、当店のホームページをリニューアル致しました。
雰囲気を少し渋いイメージにしてみましたがいかがでしょうか。
賛否両論あると思いますが今回は見やすさに重点を置いて変更したつもりです。
このブログ「カネ活日記」の文字も見やすくなったと思います。
商品分類も大幅に見直しをかけ、より選びやすくなったと自負しています。

ホームページがリニューアルしても新鮮なカニを提供していくことは今までと変わりありませんので、どうぞ今までどおり「漁師の店 カネ活渡辺水産」をご利用ご愛顧下さい。

2008年6月2日月曜日

北見ファミリーランドにて

昨日は息子を連れて北見市にある「ファミリーランド」という遊園地へ行きました。
この日はちょっと肌寒かったんですが、久しぶりの遊具にご満悦の息子でした。


そのファミリーランド内の軽食コーナーで見つけたメニューがコチラ。

オホーツクの常識 その1
写真の品を本州以南の人は「アメリカンドッグ」と呼ぶそうですが、オホーツク地区では通常「フレンチドッグ」または「ホットドッグ」と呼びます。

オホーツクの常識 その2
フレンチドッグには砂糖味とケチャップ味の2種類存在していてどちらかの味を選択します。

オホーツクの常識 その3
ケチャップ味を選ぶとオプションとしてマスタードが付く場合もありますが、マスタード味単品としては売っていないのが普通です。



なじみの無い人には気持ち悪いかもしれませんが、砂糖の甘さと衣の甘さと魚肉ソーセージのほのかなしょっぱさが意外にも合うんですよ。

砂糖(多分グラニュー糖)を本当にただまぶしているだけなので、かじる度に確実に砂糖が何粒か落ちます。なので屋外で食べることをオススメします。
落ちた砂糖が時々首から服の中に入ることもあるので、食べる時は顔を前に突き出してかぶりつきましょう。


そんなちょっと面倒くさいフレンチドッグ砂糖味ですが、それでも売ってるのを見つけると食べたくなるんだから不思議なもんです。こちらに旅行に来た時は是非味わってみて下さい。




Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.