2007年11月23日金曜日

かにしゃぶの作り方

まずはズワイガニのポーションを用意してください
15本入り150gで2000円です

お湯でしゃぶしゃぶ♪
今回はボイル用の大釜の隅っこでやっちゃいました

はい、できました
アツアツですね~
う~早く食べたい~


ポン酢でいっただっきま~す ♪
従業員達の冷た~い視線を無視して思いっきり食べましたよ


店内のストーブの上で焼いてみました
少し焦げ目が付くぐらいでOK
焼くと芳ばしさも加わってまたこれがウマイんだわ


以上かにしゃぶの作り方でした・・・ってお湯に入れただけじゃん!
そうです自宅でも簡単にかにしゃぶが食べられますよ

さあ食べよう!ズワイガニポーションはコチラ

2007年11月19日月曜日

鮭の山漬けとは


バックは オホーツク海

最近は大手のデパートでも売られるようになってきた「鮭の山漬け」ですが、いわゆる「新巻鮭」とはどこがちがうのでしょうか。


まずは新巻鮭の作り方から
  1. 腹を切り内臓を抜く 
  2. 腹の中に塩を詰める 
  3. 箱詰め後冷凍して完成
次に鮭の山漬けの作り方

  1. 腹を切り内臓を抜く 
  2. ウロコが逆立つほど塩をすり込む 
  3. 大きな容器内に積み重ねる
  4. 上から重石を載せる 
  5. 毎日鮭を積み直し、重石を載せる 
  6. 4~7日間熟成後、完成
このように鮭の山漬けの場合は新巻鮭に比べ数倍の手間と時間が掛かっています。
新巻鮭では行わない「数日間重石を載せること」で鮭の身から余分な水分が抜け、純粋な旨みだけが残るのです。

鮭を山のように積み重ねることから「山漬け」と呼ばれるようになりました。


鮭の山漬けは昔ながらの漁師の技法です。祖父の時代は保存が一番の目的でしたから、塩を大量に使い、ものすごく塩辛い味に漬けていました。カネ活渡辺水産では昔ながらの技法を用いながら塩分は控えめに、それでいて旨みが残るように仕上げています。
鮭の山漬けはコチラ

2007年11月16日金曜日

初雪

昨日、網走に今シーズン初の雪が降りました。カネ活渡辺水産前の駐車場もご覧の通りうっすらと雪が積もりました。
もうすぐ本格的な冬に突入しますね。トラックのタイヤ交換は済ませたし、灯油は満タン。ストーブの準備もOK! これで冬の準備は万端です。
あ、除雪機のバッテリーの確認を忘れていたぞ。そういえば春に外すのを忘れていたような気が・・・ お店で充電してもらわなきゃだなきっと。ふ~。

どさんこワイド

リポーターの あまやひでおき さん

なんと昨日11月15日、STV札幌テレビ放送の夕方の情報番組「どさんこワイド180」で、カネ活渡辺水産がTVに映っちゃいました!!

「オホーツクで新名物ハンター」というコーナーの中で、網走特産のアブラガニを茹でたその場で食べられる店として取り上げていただきました。

最初は店長と2人で店内のTVを見ながら「お~!映った映った♪」などとはしゃいで見ていたんですが、間もなく電話が鳴りました。その電話に対応している間にも次々に電話が鳴り出し、店長共々のんびり見ている余裕はふっとんでしまいました。
放送時間は1分少々でしたが、こんなに反響があるなんて思ってもみなかったのでとても驚きました。
それにしても、テレビって緊張しますね~。撮影前は何か一つぐらい面白いこと言ってやろうと思っていたんですが、いざカメラを向けられると何も考えられなくなって、せっかく話を振ってもらっているのに「え~、そうですね」しか答えられませんでした。
結局私のセリフはほとんどカット(当然です・・・)でしたが、その分カニのシーンが増えたと思うことにして自分を慰めています。

ちなみに、ゆでたてアブラガニを召し上がる場合は、前日までの要予約となっております。
11月を過ぎると漁がほぼ終わってしまうので、この時期を逃すと次に食べられるのは4月以降になります。予めご了承ください。

2007年11月13日火曜日

アブラガニ入荷しました! 

活アブラガニ

ゆでたてのアブラガニ
みなさんお待たせしました。永らく品切れしていたアブラガニが本日入荷しました。
タラバガニと同様に美味しく、それでいてお得な価格のアブラガニの販売をついに再開いたします!!
ただし次回の入荷が未定ですので、お届け日が12月中の方は冷凍になるかもしれません。予めご了承ください。11月中は浜ゆで冷蔵でお届けします。
アブラガニはコチラ


荒れるオホーツク海



(有)カネ活渡辺水産のウラは、ほんの数メートルでオホーツク海なんですが、今日は少し荒れ模様です。11月から12月にかけては毎年こんな感じに荒れることが増えてきます。

昨年はこの数倍の大波が押し寄せてきて、漁業者に大きなダメージを与えました。特にサケの定置網はほとんどダメになり、被害金額は15億円以上にもなりました。わが能代丸もタコの仕掛けが全部やられました・・・。あんなにひどい波は何十年に一度のことだと言われていますが、もう二度とゴメンですね。

2007年11月7日水曜日

豪華! 海鮮おせち

「北の漁師膳」 4~5人前 26,000円

「なごみ膳」 2~3人前 13,000円


も~ういくつねるとお正月♪ お正月といえばおせち料理ですよね。(有)カネ活渡辺水産では、お手軽な「なごみ膳」から、超豪華なその名も「豪華膳」まで合計4種類の海鮮おせちをご用意しました。ご予算にあわせてご注文ください。
海鮮おせちの受付は11月30日まで、おせちの到着は12月30日です。

2007年11月3日土曜日

かにの賞味期限とは

よくあるご質問:「浜ゆでのカニ(冷凍ではないボイルカニ)は着いてから何日後まで食べられますか?」

通常(有)カネ活渡辺水産では、その日獲れたばかりのカニをボイルし、一度も冷凍することなく冷蔵便で全国に地方発送しています。昔と比べ今は輸送中も温度管理が徹底されているので品質が落ちることはほとんど無いのですが、やはりなま物ですのでなるべく早い方がより美味しく召し上がれます。


というわけで答えは:「一般家庭の冷蔵庫で保管した場合は到着日の次の日までに食べて下さい」 となります。

ちなみに、どうしても食べきれず残ってしまった場合は、カニの身を殻からはずして「むき身」にしてからラップでぴっちりと包んで冷凍してください。むき身にしたほうが、殻ごと凍らせるより美味しく仕上がります。食べる時は、室温または冷蔵庫で5時間以上かけてじっくりと自然解凍してください。

イクラ丼


我が家の朝食シリーズ第2弾は、自家製イクラを使った「イクラ丼」です!
「朝からイクラ丼!?」と思われるかも知れませんが我が家ではコレが当たり前のメニューなんです。
うちは元来漁師なので、私が子供の頃から秋はイクラや鮭の塩焼きが常に食卓に上がっていました。子供の頃の私にとってイクラとは、「ご飯に味をつけるもの」であって、ふりかけやのりの佃煮と同レベルの存在でしかありませんでした。
写真では撮影用にイクラの量は控えめにしましたが、いつもはご飯が見えなくなるほどぶっかけます。

そんな環境で育ったものだから、初めて和食レストランに入ってイクラ丼の金額を見たときのかなりビックリしましたよ。

カネ活特製イクラはコチラ

2007年11月1日木曜日

ゆでたこ





わが第38能代丸が今の時期に獲っているのがこのタコなんです。正確には「ミズダコ」という種類でタコの仲間の中では最大級のサイズなんだそうです。大きいものは20kg以上に成長します。そんなに大きくてしかも名前に「ミズ」なんて入っていると、『大味で水っぽいんじゃないの?』なんて思うかもしれませんが、実際食べてみるとこれが実にウマイ!!弾力のある食感に加えて噛めば噛むほど奥から旨みが染み出してくるのが解ります。それもそのはずミズダコの大好物は貝類とカニ!!普段から美味しいものばっかり食べているからこその旨みなんですね。

カネ活渡辺水産では「活」のミズダコを仕入れて全て自社でゆでたこに加工して販売しています。
タコのページはコチラ!



Copyright (C) Watanabe Suisan. All Rights Reserved.